酢の魅力

酢って日本人にとって割と身近な調味料ですよね。我が家にも常に常備してあります。
では酢ってどうやって作るのでしょうか?酒を酢酸菌で発酵させたものがお酢なんです。
一言で「酢」と言ってもいろいろありますね。
「穀物酢」「米酢」「純米酢」「黒酢」「果実酢」「ポン酢」「すし酢」「ワインビネガー」など
a0002_000103

うちには、穀物酢とポン酢しかないけど・・・本当はいろんな酢があるのです。

米酢と純米酢ってなんか似ているけど・・・何が違うんでしょうか?それは材料の量です。純米酢は、米だけを使用して作ったお酢です。米酢は、お酢1リットルにつき米を40グラム以上使えば「米酢」と表記できるんです。こう考えると全然違いますね。だから純米酢の方が高いのね。

果実酢も最近では注目を浴びていますね。果実(りんごなど)からお酒を造り、それを発酵させて作ったものです。果実に含まれるポリフェノールなどが体にいいんです。また色鮮やかで目も楽しめますね。

酢のパワーはいかなるものなのでしょうか?
酢は体にいいというけど・・・結局のところどうなんでしょう?
実は・・・カルシウムやビタミン、ミネラルはそれだけで摂取するよりも、酢と一緒に摂取することで吸収を促進してくれるそうです。
あとは、酢を毎日大さじ1-2杯摂取した人の、内臓脂肪が減少したり、体重が減る効果を実証した学会の発表がありました
a0002_010002

食べ物を食べてから糖分を効率よく燃焼させてくれるらしい。だから同じ食事するならば、お酢を大さじ1-2杯摂るだけで消費するカロリーが変わってくる
そうとわかればもっともっとお酢を摂らないとな♪

酢に含まれる酢酸は、実はクエン酸に変身しちゃうのです。このクエン酸は疲労回復にもってこいなので、疲れたときにお酢パワーをもらうのもありですね。今では飲む酢があるので、そういったもので色々気軽に飲めるので便利ですね。

あとは、酢って利尿作用を促してくれるのです。むくみがひどい方は、お酢を摂取することでむくみが軽減されるはずなので、そういった方にもお酢はお勧めなんですね。

あとは抗菌作用があるよね。さばって腐りやすいので、酢につけてしめさばをつくって日持ちさせたりするよね。そういった面でも酢は活躍します。また風邪にはビタミンCがいいのですが、酸が一緒だと壊れにくいので酢と一緒に摂ると風邪予防にもいいです。また酢でうがいをすることも抗菌作用があっていいですよ。

他にも・・・髪の毛に酢がよかったり、肌によかったりと酢は万能なんです。改めて酢のパワーを感じ取りました。

コメントを残す